ウソ電

提供: 鉄道総合Wiki
移動先: 案内検索

ウソ電(うそでん)とは、広義には実際には存在しない鉄道車両全体を指す。

なお一般的には、実際存在しない車両を実際の車両の画像を元に画像編集ソフト等で加工してでっち上げたそれっぽく見せた画像の事を指すことが多い。

概要

車体の塗装を実際とは異なるものにしたものが大半。

クオリティの高さのあまり、本物と見間違うくらいの画像を作成してしまったり、東武500系リバティを全国の特急に変えてしまう凄腕職人もいるなど、ウソ電の発展は留まるところを知らない。

また、動画編集などに比べ比較的作成が容易であることから、ユーザー数・画像数共にかなり多い。

なお、僅かではあるがこのようにウソ電として上げた画像が本当に実際に実現してしまう事もある。

また、プレスリリースされたもののまだ実車が登場していない車両を既存の画像と組み合わせて作ってしまう猛者もいる。

Twitterに投稿されたウソ電画像は主にハッシュタグ#u_s_o_train #ウソ電にて閲覧できるので、時間のある時に閲覧してみるとよいだろう。

まれに音を変えたものなどもあり、それらはサウンドウソ電と呼ばれる。